A・デイビスでも届かないのか ブンデス“史上最速”を2度も塗り替える男 

ドルトムントのハキミ photo/Getty Images

デイビスは意外にもトップ5に入らない

サイドバック、あるいはウイングバックでプレイする選手にとって、スピードは大きな武器となる。

再開されたブンデスリーガでも、さっそくスピードが1つのキーワードとして注目を集めている。

バイエルンDFアルフォンソ・デイビスの爆速スプリントもそうだが、今回はドルトムントDFアクラフ・ハキミの方にスポットを当てたい。

ハキミは3-3で引き分けた昨年12月のライプツィヒ戦にて36.2km/hのスピードを記録しており、ブンデスリーガ公式によれば詳細なデータを集め始めた2011-12シーズン以降ではリーグ最速の数字だったという。

これだけでも凄いのだが、ハキミは約2ヶ月後にこの記録を自分で塗り替えている。今年2月のウニオン・ベルリン戦では36.49km/hものスピードを記録しており、今はこれがリーグ最速の数字になっている。

ハキミに続くのはシャルケFWラビ・マトンド(35.97km/h)、ケルンDFキングスレイ・エヒジブエ(35.85km/h)、バイエルンFWキングスレイ・コマン(35.66km/h)、マインツDFジェリー・シン・ジェステ(35.60km/h)となっており、ハキミの数字が頭一つ抜けているのが分かる。

意外かもしれないが、バイエルンのデイビスはここに入ってきていない。今後のスプリント次第ではトップ5に入ってくるかもしれないが、今のところブンデスリーガ最速記録1、2はハキミが持っている。

ハキミはレアル・マドリードからレンタルで加わっている選手で、このスピードはレアルへ戻っても十分に通用するはず。他にもスピードスターと呼ばれる選手は何人かいるが、ハキミが現サッカー界最速候補の1人なのは間違いないか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ