冨安ら7人のボローニャ“U-23組”にかかる期待 チームの柱となれる逸材たち

ボローニャの冨安 photo/Getty Images

若手が重要な存在に

6月中の再開を目指すセリエAでは、シーズン消化へ過密日程になっていく可能性が高い。選手たちには大きな負担がかかってくるだろう。

そこで伊『Gazzetta dello Sport』が注目しているのが、フレッシュな若手選手たちだ。各クラブの若手選手たちがどこまで奮闘できるかが重要ポイントと考えられている。

中でも注目されているのが、日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャだ。

冨安も21歳と若く、すでにボローニャでは重要な存在となっている。さらにFWリカルド・オルソリーニ、FWムサ・バロウ、MFマティアス・スバンベリ、MFニコラス・ドミンゲス、MFイェルディ・スハウテン、FWスコフ・オルセンも全員23歳以下となっており、同メディアはこの若手7戦士のステップアップに大きな期待をかけている。

彼らはシーズン終盤へのキーマンと考えられており、この7戦士の働きによってはヨーロッパリーグ出場権獲得も見えてくる。同メディアも将来的にチームの柱となる可能性があると伝えているが、彼らは再開後にどこまでチームを引っ張れるのか。

ローマ、国外ならドイツのレヴァークーゼンと、トップクラブからの注目を集めている冨安が「ボローニャU-23組」の中でも重要な存在になっているのは間違いない。中断前までのハイパフォーマンスを継続することができるのか、冨安のシーズンの締めくくりにも注目したい。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ