インドのメッシ?それともC・ロナウド? 左右のFK蹴り分ける驚異の少年現る[映像アリ]

ユニフォームも仕草もモノマネは完璧 photo/本人Instagramより

モノマネだけでなくキック精度もお見事

インドから未来のリオネル・メッシ、いや未来のクリスティアーノ・ロナウドが出てくるかもしれない。

注目を集めているのは、インドのケララ州出身の12歳の少年ミシャル・アブライス君だ。ミシャル君は自身のInstagramでリフティングやフリーキックなど様々な技術を披露しているのだが、その技術の高さに世界から注目が集まっている。

しかも興味深いのは、選手のモノマネを取り入れている点だ。例えばフリーキックの動画では、メッシのユニフォームを着用して左足で蹴っているものと、ロナウドのユニフォームを着て右足で蹴っている2つのバージョンがある。

どちらもしっかりとモノマネしており、蹴る前の仕草も似ている。加えてミシャル君はキック精度が高く、ゴール上隅につけられている輪っかにきっちりとボールを通しているのだ。

決めた後のセレブレーションもお手のもので、すでにInstagramのフォロワー数は2万人を超えている。他にもリヴァプールのユニフォームを着ている映像やドルトムントのユニフォームを着ている映像があるため、どこのファンかは分からない。

しかしスペイン『MARCA』は未来のメッシ候補と注目しており、インドのメッシとして成長する可能性に期待をかけているようだ。まだ今後の成長次第だが、なかなかの技術の高さだ。

SNSが発達している現代だからこそ、気軽に天才サッカー少年を調べることもできてしまう。クラブのスカウトよりサッカーファンの方がインドのメッシを早く見つけたということか。







●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ