ドリブルだけならメッシより上? メリノが語る下半身強すぎるドリブラー

レアルのアザール photo/Getty Images

ボールを奪うのは極めて難しい

レアル・ソシエダでプレイするMFミケル・メリノが今まで対戦した中で最も厄介だった選手は誰なのか。

スペイン『as』によると、その答えはレアル・マドリードFWエデン・アザールだ。

アザールはレアルに移籍してから怪我による離脱が続いているが、昨年11月に行われたソシエダ戦ではフル出場を記録。そこでメリノと対決しており、この1試合でメリノに強烈なインパクトを与えることになったようだ。

「プロになってから守るのが最も難しかった相手ではアザールだね。彼は小柄な選手だけど、下半身が非常に強い。機動力もあり、もちろんクオリティも大きなものを持っている。僕のような選手にとっては難しい相手だ」

メリノは188cmとサイズのあるMFで、テクニックと素早さを兼ね備えるアザールへの対応は難しかったようだ。

アザールは足に吸い付くようなドリブルを得意としているが、確かにメリノの言葉通り下半身がどっしりとしている。フィジカルコンタクトにも対応することができ、上手く下半身を相手の前に入れてボールをブロックしながら突破することもできる。ボールを完璧に奪い取るのは極めて難しいタイプのドリブラーだ。

同じ小柄な選手でもリオネル・メッシとはタイプが異なるドリブルで、メリノにとってはメッシよりも守りにくい相手と感じたようだ。単純なドリブルの能力なら、アザールはメッシをも上回るか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ