「代役を見つけるのはほぼ不可能」 “超万能戦士”・アラバの気になる今後

バイエルンのアラバ photo/Getty Images

バイエルンにとって大きな痛手に

「柔軟性のある彼の代役を見つけるのはぼぼ不可能」

かつてバイエルンやリヴァプールで活躍したディートマー・ハマン氏がこのように称賛したのは、バイエルンDFダビド・アラバだ。

アラバは2010年からバイエルンでプレイしてきた選手だが、今夏の移籍案が浮上している。独『AZ』によると、ハマン氏はアラバを簡単に手放すべきではないとバイエルンに警告しているのだ。

アラバの持ち味は複数ポジションをこなすユーティリティ性にあり、中盤から左サイドバック、今季はセンターバックまでこなしている。しかも全てのポジションでワールドクラス級の働きをすることが可能で、これほどサッカーセンスに優れた選手も珍しい。

ハマン氏はアラバの代わりを見つけるのは不可能と主張するが、それも適切だろう。アラバほどハイクオリティなユーティリティプレイヤーは見当たらない。

「アラバが去るならば、大きな損失となるだろう。彼はバイエルンで最も重要な選手の1人だ。柔軟性のある彼の代役を見つけるのはぼぼ不可能だよ。彼はチームの中でもトップ5に入る重要な選手で、適切な給与を支払うべきだ」

ただ、ハマン氏はアラバがドイツ以外での挑戦を望むならば仕方がないとの考えも示している。アラバも27歳となり、ハマン氏は国外挑戦を選択するタイムリミットが近づいているとの認識なのだ。

果たしてアラバは今後どう動くのか。仮に移籍するとなれば、バイエルンにとっては埋めるのが難しい大きな穴となるだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ