なぜクロップは南野を使わない ファンから疑問の声「ララーナを使うが……」

リヴァプールの南野 photo/Getty Images

ボーンマス戦では出番なし

7日に行われたリヴァプールVSボーンマスの一戦で、指揮官ユルゲン・クロップはなぜ日本代表FW南野拓実に出番を与えなかったのか。

このゲームでクロップは2枚の交代カードを切っており、84分にアレックス・オックスレイド・チェンバレンに代えてアダム・ララーナ、90分にはロベルト・フィルミーノを下げてディボック・オリギを投入。南野は最後まで出番がなかった。

英『Football Fancast』によると、リヴァプールサポーターからもクロップの交代策に疑問の声が挙がっているという。ララーナに出番が与えられたことに加え、南野とナビ・ケイタがベンチに座ったままだったことが意外だったようだ。

「なぜ南野ではないのか」

「チェンバレンは素晴らしい。なぜ南野は投入されない?」

「クロップはいつもララーナを入れるが、効果的ではない」

南野、そしてケイタはチームスタイルへの適応に期待がかかっている選手だ。一方でララーナとクラブの契約は今季限りとなっており、このまま退団する可能性もある。リーグ戦の残りゲームでララーナに出番を与えるより、南野やケイタにチャンスを与えてほしいと考えるサポーターが出てくるのも頷ける。

南野はFA杯でスタメン出場のチャンスを得ていたが、リーグ戦ではまだ77分間しかプレイしていない。適応はかなりゆっくりとしたペースで進んでおり、痺れを切らすサポーターが出てきても不思議はない。リーグ戦でまとまったチャンスを与えられるのはいつになるのだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ