「5人目は俺でしょ」ツイートの藤本憲明 “恐るべきPK職人”だった

PKに対する自信をのぞかせた藤本 photo/Getty Images 

気になる成功率は......

『FUJI XEROX SUPER CUP 2020』が2月8日に行われ、ヴィッセル神戸が横浜F・マリノスを下した。

前後半に両チーム合わせて6ゴールが生まれたほか(3-3)、PK戦では先攻のF・マリノスの3人目から9人連続でキックが決まらず、ヴィッセルの7人目のキッカー山口蛍のシュートの成功をもって幕引きとなるなど、壮絶な展開となったこの試合。この日ベンチ入りしたものの出番がなかったヴィッセルのFW藤本憲明は自身のTwitterアカウントを通じて試合の感想を綴るとともに、PKに対する自信をのぞかせた。 

「6点入るし、9人連続PK外すしカオスな試合やったけど、みんな最高。神戸讃歌も最高。鹿児島サポ、大分サポは知ってると思うけど、PK5人目は俺でしょ」

鹿児島ユナイテッドに在籍していた2016年と2017年のJ3リーグで計9回、大分トリニータの一員として臨んだ2018年のJ2リーグで2度PKキッカーを務めている藤本は、プロキャリアにおける計11回のPKを全て成功させている。現時点で成功率“100%”のこの男が、2020年シーズンでもPK職人ぶりを発揮するのだろうか。先月1日の天皇杯決勝(鹿島アントラーズ戦)でもゴールを決め、ヴィッセルの初の国内タイトル獲得の立役者となった同選手の更なる活躍に期待したいところだ。



参照元:Twitter

【試合ハイライト】

参照元:youtube

[スコア]
横浜F・マリノス 3-3(PK戦:2-3) ヴィッセル神戸

[得点者]
横浜F・マリノス:マルコス・ジュニオール(36)、扇原 貴宏(54)、エリキ(73)

ヴィッセル神戸:ドウグラス(27)、古橋 亨梧(40)、山口 蛍(69)


●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中! 最新号は、いよいよ始まるチャンピオンズリーグ・ラウンド16を徹底プレビュー。アトレティコ×リヴァプール、レアル×シティなどビッグカードが目白押しの今季CL。注目対決の行方に豪華執筆陣が迫ります! 
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ