個人合意にこぎつけるも…… カバーニのアトレティコ移籍は夢に

今冬の去就に注目が集まっていたカバーニ photo/Getty Images

移籍金が折り合わずクラブ間で交渉決裂

パリ・サンジェルマンに所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの今冬のスペイン行きは、夢に終わることとなりそうだ。

パレルモやナポリでの活躍を経て、2013年にPSGへ移籍した現在32歳のカバーニ。長きにわたってゴールを量産し、5度のリーグ優勝など数々のタイトルをチームのもたらしてきた。しかし、今季は怪我に悩まされていることに加えて、昨夏に加入したマウロ・イカルディが結果を残していることもあり、出場機会が激減。ここまで公式戦14試合5ゴールにとどまっている。

こういった状況とPSGとの契約が残り半年となっていることもあり、今冬の移籍市場でカバーニの移籍話が加熱。アトレティコ・マドリードが獲得に乗り出し、選手と個人合意にこぎつけたと報じられ、残すはクラブ間合意となっていた。そして、アトレティコはPSGに1500万ユーロ(約18億円)のオファーを提示したが、PSG側はカバーニの移籍金を2000万ユーロ(約24億円)に設定しているようで、この申し出を拒否。すると、アトレティコ側は300万ユーロを上乗せて移籍金を1800万ユーロ(約21億6000万円)まで引き上げ、改めて交渉に臨んだが、1ユーロたりとも負けるつもりはないPSGは再び拒否したという。スペイン『as』などが伝えている。

その結果、移籍期間が残り48時間を切り、カバーニの交渉はクラブ間で決裂。先週の月曜からスペインへ渡り、交渉を進めてきたカバーニの代理人もマドリードを離れ、パリへ帰国したとのことだ。同メディアは「アトレティコとカバーニ の契約は完了していたようだが、非常に複雑な結果になった」と取り上げている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ