バルサは「ボアテングの再来」を恐れている 頓挫したスアレスの代役探し

スアレスが負傷離脱し、バルセロナは攻撃の要を失った photo/Getty Images

ロドリゴの獲得に失敗

ーー バルセロナは「ボアテングの再来」を恐れている。そう取り上げたのが地元スペイン紙『as』だ。

バルセロナは9日に行われたアトレティコ・マドリード戦(スペイン・スーパー杯準決勝)で、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが負傷。その後の検査で右膝の半月板を損傷していることが判明し、同選手は約4ヶ月の長期離脱す余儀なくされることとなった。

リオネル・メッシとともに、チームを牽引してきた攻撃の要を失ったことで、今冬の補強が急務となったバルセロナ。スアレスの代役候補として、国内外の様々な選手の名前が挙がっていたが、バレンシアに所属するスペイン代表FWロドリゴの獲得に動いていることが明らかに。クラブ間交渉に入り、移籍が間近に迫っているとの噂もあった。しかし、今冬の移籍市場が閉じるまであと2日となった29日、クラブ間合意にこぎつけることができず、バルセロナとバレンシアの交渉破談したことが複数の地元メディアによって伝えられた。

昨季、バルセロナで思うような結果を残せなかったボアテング photo/Getty Images

スアレスの代役を探すバルセロナに残された時間は48時間もない。新たな選手をピックアップし、駆け込みで獲得すべきか。はたまた、既存の戦力で穴埋めを行ったり、起用できる選手に合ったシステムへの変更に踏み切ったりするのか。もちろん、他の選手に影響を与えないためにも、残りの時間でスアレスの代役が務まる選手を獲得するのがベストだろう。

しかし、駆け込みでの獲得にはリスクも伴う。短期間の交渉で、相手クラブがすんなり選手を手放すということは、つまり自チームの今後の戦力に数えていない、もしくはそれに準ずる立ち位置の選手である可能性があるからだ。そのため、スペイン紙『as』によると、バルセロナはロドリゴの獲得が失敗した時点で「活躍の保証がない契約を組み込むがどうか」に焦点を当てているようだ。その背景には、昨年1月にレンタル移籍で獲得するもわずか4試合の出場にとどまり、補強失敗と言わざるを得なかったケビン・プリンス・ボアテングなどの存在があるという。

同メディアは「バルセロナはまだ、スアレスの代わりとなる選手を見つけていない。オファーを増やすことはできるが、アビダル(スポーツディレクター)は『ボアテング 』を作ることを恐れている」と綴っている。25日のバレンシア戦では[3-1-4-2]の新システムを試したりしていたが、新たな選手の獲得はあるのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ