東京五輪世代のブラジルが凄すぎる “世代最強クラス”の攻撃軍団

アーセナルで活躍するマルティネッリ photo/Getty Images

欧州トップレベルで活躍する者が多数

これがサッカー王国・ブラジルのタレント力なのか。仮にブラジルが東京五輪にベストメンバーを招集できる場合、前線の顔ぶれが恐ろしく豪華なことになるのだ。

ネームバリューだけではない。いずれも欧州トップリーグできっちりと結果を出している選手ばかりで、すでに世界トップレベルで通用することを証明しているFWが揃っているのだ。

米『Bleacher Report』がまとめているが、まずはマンチェスター・シティで活躍する22歳のFWガブリエウ・ジェズス。昨夏にはコパ・アメリカも制しており、A代表の常連メンバーだ。今季もマンCでは全30試合に出場して14得点8アシストの成績を残している。

レアル・マドリードでは19歳FWロドリゴ・ゴエス、同じく19歳のFWヴィニシウス・ジュニオールがいる。ブラジルが誇るNEXTスター候補で、五輪でも主役になれるだけの実力は備えている。

さらにドリブルを武器とするアヤックスの22歳FWダビド・ネレス、エヴァートンの22歳FWリシャルリソンも忘れてはならない。ネレスはチャンピオンズリーグでも実力が通用することを証明しており、その突破力は脅威だ。

そしてもう1人。これらヤングスターたちを抑え、今最もハイペースでネットを揺らしているのがアーセナルの18歳FWガブリエウ・マルティネッリだ。

現在大ブレイク中のマルティネッリは、ここまで21試合に出場して10得点3アシストを記録。時間にすると、112分に1点のペースでネットを揺らしている。これはジェズス(128分に1点)、ロドリゴ(155分に1点)のペースを上回る。

SNS上では、「ブラジルの五輪代表はクレイジー」といった意見も出ており、前線のタレント力ならば他国を圧倒することも可能だ。もちろん数年後にはA代表でも主役となっていくはずで、この世代は東京五輪制覇を足がかりに2022カタールワールドカップ制覇へと繋げていくのが理想か。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、いよいよ始まるチャンピオンズリーグ・ラウンド16を徹底プレビュー。アトレティコ×リヴァプール、レアル×シティなどビッグカードが目白押しの今季CL。注目対決の行方に豪華執筆陣が迫ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ