5年間もパス成功率“90%以上”を保つ精密機械 レアルMF凄すぎる250試合

レアルのクロース photo/Getty Images

抜群の安定感で駆け抜けた5年

2014年からの約5年間、レアル・マドリードで最も一貫性があった選手は誰だろうか。

得点面で言うならば、昨夏にユヴェントスへ向かったFWクリスティアーノ・ロナウドで間違いない。大きな怪我をすることもなく、ゴールを量産し続けた。では、攻撃の組み立て部分ではいかがだろう。

中盤で最も一貫性があったのは、MFトニ・クロースで間違いない。2014年夏にレアルへやってきたクロースは、先日のアラベス戦でレアル通算250試合出場を達成した。

何より目を引くのは、パスの成功率だ。英『GIVE ME SPORT』によれば、250試合も出場しているのにクロースの平均パス成功率は90%を超えているという。

同じ中盤ではチームメイトのルカ・モドリッチがクロアチア代表での成功もあってバロンドールを獲得したが、クロースはそうした個人タイトルとは無縁だ。それでもレアルがチャンスメイクをするうえで、クロースの組み立ては欠かせない。もっと評価されるべき実力者と言えよう。

ブレることなくリズムを刻み続けるメトロノームのように、クロースはゲームをコントロールし続ける。派手さはないが、同メディアも貢献度はもっと認められるべきと伝えている。

今後もレアルの中盤を支配し続けるはずで、レアルの成功にクロースが欠かせなかったのは間違いない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は“新監督”にフォーカス。ランパード、サッリなど、新天地でサポーターの心を掴みはじめた新指揮官たちが欧州を熱くする!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ