リヴァプール“最強フロント3”に休みなし 全試合出場に意欲を見せるのは

サラーとハイタッチするマネ photo/Getty Images

体さえリカバリーすれば……

リヴァプールを支えるロベルト・フィルミーノ、モハメド・サラー、サディオ・マネの前線3人は、チームの攻撃を引っ張るキープレイヤーたちだ。得点部分で彼らには大きな負担がかかる。

リヴァプールの前線は決して層が厚いわけではなく、ローテーションをおこなうのが難しい。代表戦もこなすフィルミーノらには疲労が溜まるはずだが、特に休養は必要ないと主張する者もいる。

その人物とは、マネだ。英『Daily Mail』によると、マネは毎試合プレイするつもりでここにいると発言しており、体のリカバリーさえこなせば問題ないとの考えを示している。

「全ては頭の中にある。疲労とは頭の中のことで、体のリカバリーが上手く出来ていれば全てのゲームをプレイすることも難しくないと思う。チーム、監督が僕たちを必要とするならね。チームが僕を必要とするなら、僕は全てを捧げる準備がある。監督が誰をプレイさせるか決めるけど、僕は毎試合働くつもりでここにいる」

マネ、サラー、フィルミーノの3人がガス欠を起こすことなくシーズンを戦い切ることがタイトル獲得への条件だ。もちろんどこかで疲労を回復する時間を取る必要はあるが、マネは最後まで走り抜く考えだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ