L・マルティネスが“相棒”を大絶賛 2人が共通して大事にしていることとは

インテルでFWコンビを組むルカク(左)とL・マルティネス(右)photo/Getty Images

自分たちのゴールよりもチームが一番

インテルは27日、チャンピオンズリーグのグループリーグ第5節でスラヴィア・プラハと対戦した。

アウェイでの戦いということもあり、相手に6割以上のボール支配率を記録され、計16本ものシュートを浴びるなど、苦戦を強いられたインテル。しかし、攻撃ではFW陣がしっかりと結果を残し、守備は守護神のサミール・ハンダノビッチがいく度となく好セーブを披露し、3-1の勝利を収めた。この結果、最終節のバルセロナ戦を残して、インテルはグループFの2位に浮上している。

この一戦でフル出場を果たし、2ゴールの活躍でインテルの勝利に大きく貢献したアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス。試合後、伊『sky sport』のインタビューに応じると、「僕は常に言ってきたけど、チームがゴールを獲得して勝利すれば、誰が得点するかなんて全然重要ではないよ」とコメントした。

さらに、この試合では2つのゴールがVARによって取り消しとなる不運にも見舞われたが、自身のゴールを全てアシストし、2点目のゴールを奪った相棒のロメル・ルカクを大絶賛。「僕らはピッチ上だけでなく、ピッチを離れた場所でも、お互いに結束するために努力してきた。ロメルは素晴らしい人だし、僕らは本当に仲がいいんだ。それに、僕らは自分たちのゴールよりも、チームを大事にしているからね」と話している。

L・マルティネスとルカクのコンビで、インテルをCLのラウンド16へ導くことができるのか。間違いなくこの2人は、バルサ戦でもキーマンとなるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ