恐怖の“ドリブルマシーン” サイドバックとは思えぬ規格外の突破力持つ男[映像アリ]

ニースでプレイするアタル photo/Getty Images

トッテナムが注目する逸材

ジョゼ・モウリーニョ就任後のウェストハム戦で1アシスト、チャンピオンズリーグのオリンピアコス戦で1得点1アシストを記録するなど、トッテナムでは右サイドバックのセルジュ・オーリエが結果を出している。

しかし、オーリエの立場も安泰ではない。現在のトッテナムには他にも注目している右サイドバックがいるのだ。フランスのニースでプレイする23歳のユーセフ・アタルだ。

アタルにはアーセナル、チェルシーなども注目しているようだが、最大の魅力はサイドバックとは思えぬ攻撃性だ。英『Football fancast』は「ドリブルマシーン」と名付けており、ウイングバックもこなすアタルは攻撃面で大いに貢献できる選手なのだ。

リーグ・アンにおいてアタルは1試合平均4.4回のドリブルを記録しているが、これはオーリエ(1.1回)と比較してもかなり多い。さらにアタルは1試合平均シュート数も1.9本記録しており、プレミアリーグでも攻撃力は通用しそうな気配がある。

守備面でも1試合平均1.4回のタックル、1.9回のインターセプトを記録するなど、積極的なパフォーマンスが目につく。

オーリエも奮闘しているが、トッテナムはアタル獲得へ本腰を入れるのだろうか。近年はリヴァプールの超攻撃的サイドバックコンビなど、何かとサイドバックが主役になる機会も増えている。アタルにとってはステップアップの移籍となるが、仮にプレミアでも同様の結果を出せば世界最強クラスの攻撃的サイドバックと評価される日もくるかもしれない。



●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ