マンUでの時間は終わった 怪物FWルカクが明かす退団を決意した瞬間

インテルのルカク photo/Getty Images

今夏の判断は大正解

今夏マンチェスター・ユナイテッドからインテルへ移籍したFWロメル・ルカクは、ここまでリーグ戦13試合で10得点と見事な働きを披露している。今のところインテル移籍の判断は大正解だったと言えよう。

では、ルカクはいつマンUを離れる決断を下したのか。伊『Corriere dello Sport』によると、それは昨年12月からチームを任されたオーレ・グンナー・スールシャールが、ルカクをウイングで起用し始めた時だという。

実際スールシャールは今年1月のFA杯・アーセナル戦でルカクを右のウイングで起用するなど、前線に手を加えていた。当初からスールシャールがマーカス・ラッシュフォードを好んでいたのは明らかで、ルカクはこうした起用法の変化を受けてマンUでの時間が終わったと判断したようだ。

「スールシャールが僕を右のウイングに配置した時、ユナイテッドでの時間が終わったと思ったんだ」

現在インテルでは本職のセンターフォワードを任されており、相棒のラウタロ・マルティネスとも連携を深めている。移籍のタイミングや、インテルを選んだことなど、今夏のルカクの判断はまさに大正解だった。

またルカクは元インテルのプレイヤーの中では元祖怪物FWロナウド、ブラジルの重戦車FWアドリアーノ、さらにマンUでチームメイトにもなったFWズラタン・イブラヒモビッチが大好きだったとも語っている。スケールではアドリアーノやイブラヒモビッチに負けないものを持っており、ルカクもインテルらしい大型ストライカーと言える。

このペースならばセリエA得点王も狙えるかもしれないが、ルカクのペースはいつまで続くのか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は“新監督”にフォーカス。ランパード、サッリなど、新天地でサポーターの心を掴みはじめた新指揮官たちが欧州を熱くする!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ