岡崎慎司に次ぐ“3番手”だったFW覚えているか スペインに揃う奇跡の優勝組

レスター時代の岡崎とウジョア photo/Getty Images

岡崎以外にもスペイン2部に元レスター戦士

レスター・シティが奇跡のプレミアリーグ制覇を果たした2015-16シーズン、チームを前線から引っ張っていたのはFWジェイミー・バーディと岡崎慎司の2トップだった。

圧倒的なスピードを活かして得点を量産するバーディと、攻守に走り回る献身性を武器としていた岡崎のコンビネーションは見事にフィットし、この組み合わせを超える2トップは当時のレスターで誕生しなかった。

しかし、いざという時に頼れる3番手FWがいたことを忘れてはならない。得点が欲しい時に投入されるケースが多かった長身FWレオナルド・ウジョアだ。

高さはバーディにも岡崎にもない武器であり、ウジョアは強引に相手を押し込みたい時に起用できる貴重なピースだった。スーパーサブ的存在としてレスターの優勝に貢献したのは間違いない。

そんなウジョアが今どこにいるかご存知だろうか。実は今夏にスペイン2部のラージョ・バジェカーノに移籍したのだ。スペイン2部といえば岡崎もウエスカに移籍しており、レスターの優勝を知る2人のストライカーが偶然にもスペイン2部に揃って移籍することになったわけだ。

スペイン『El Desmarque』も、岡崎とともに当時のプレミア制覇を知るストライカーとしてウジョアに注目している。

ウジョアも33歳とベテランとなり、身体能力の部分には衰えもあると指摘されている。しかしゴール前での嗅覚は健在で、ここまでスペイン2部では5得点を記録している。岡崎がここまで3得点となっているため、得点数ではウジョアの方が上だ。

ラージョは12位とやや出遅れているが、2位フエンラブラダとは勝ち点差が7しか離れていない。首位のカディスを除けば団子状態となっており、挽回は十分に可能だ。岡崎が所属するウエスカは4位と好位置につけているが、ウジョアと岡崎は1部昇格を果たせるだろうか。レスターとは目指す目標が異なるが、当時の栄光を知る2人がスペインで新たな一歩を踏み出している。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ