欧州でも彼以上のMFは…… インテルが誇る世界クラスの“バランサー”

インテルのブロゾビッチ(右) photo/Getty Images

コンテの下で上昇する評価

開幕から好調を維持するインテルでは、FWロメル・ルカク、MFステファノ・センシなどが高い評価を受けてきた。2人とも攻撃で大きな違いを生んでおり、大ヒットの新戦力だ。

しかし、今のインテルを支えているのは彼らだけではない。開幕から絶えずチームのバランスを取り続けている「いぶし銀」なMFがいるのだ。

今回『90min』が絶賛したのはMFマルセロ・ブロゾビッチだ。ブロゾビッチは決して派手なプレイを見せる選手ではないが、今季は開幕から12試合全てにフル出場。指揮官アントニオ・コンテにとって絶対外せない中盤のキーマンとなっている。

正確に後方から繋いでいくパスは成功率90.7%を記録しており、1試合平均のボールタッチ数も74.2回を記録。この数字は昨季を上回っており、後方と前線を繋ぐ重要な役割を果たしている。

中盤の底からゲームを組み立てる選手といえばユヴェントスのミラレム・ピャニッチも絶賛されるが、同メディアはブロゾビッチ以上の守備的MFは欧州を探してもあまり見当たらないとまで称えている。

コンテの下で大きく伸びているブロゾビッチは、自身がワールドクラスの実力者であることを世界に示す特別なシーズンを過ごしている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ