アザールは練習が大嫌い? チェルシー時代の先輩が“サボり癖”を暴露 

10年以上もチェルシーでプレイしたミケル photo/Getty Images

アザールについて語ったミケル

かつてチェルシーで活躍したナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケル(現トラブゾンソポル)が、世界屈指のドリブラーの意外な素顔を暴露した。

2006年にチェルシーへ加入し、2011-12シーズンの欧州制覇を筆頭に、2度のプレミアリーグ優勝に貢献するなど、チームに数々のタイトルをもたらしてきたミケル。2017年に退団するまで、同クラブを10年以上も支えてきた。そんなミケルが、2012年から2017年まで5年間にわたって一緒にプレイしてきた後輩、ベルギー代表FWエデン・アザール(現レアル・マドリード)について、大手スポーツメディア『beIN SPORTS』のインタビューで次のようなコメントを残した。複数の英メディアが取り上げており、大きな話題となっている。

「アザールには信じられないほどの才能がある。メッシほどではないかもしれないけど、たぶん彼は自分の足でボールを何でも好きなように扱うことができると思う」

「ただ、彼は僕が一緒にプレイした選手の中で、最も怠け者だったかもしれない。一生懸命にトレーニングをするのが好きではなかったんだ。僕らがトレーニングに励んでいる間、彼はそこにただただ立ってトレーニングが終わるのを待っていた。でも日曜日になれば、彼は常に試合の主役になるんだ。信じれないような選手だったよ」

現在はわからないが、当時はアザールがトレーニング嫌いだったことを告白したのだ。これに対して、ミケルは最も勤勉だった選手に現在チェルシーの指揮官を務める「フランク・ランパード」を挙げたという。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ