ヴェンゲルが全て上だった アーセナル新旧指揮官“スタッツ対決”でエメリ完敗

アーセナルを指揮するエメリ photo/Getty Images

エメリが迎えたプレミア50試合目

果たしてアーセナルはウナイ・エメリの下で成長できているのだろうか。

昨季からチームを指揮するエメリは今節のレスター・シティ戦がプレミアリーグ50試合目だったのだが、0-2で敗れてしまった。50試合を終えた段階での成績は25勝12分13敗となっており、獲得勝ち点の総合計は87だ。

この数字を受けて英『sky SPORTS』が比較したのが、前指揮官アーセン・ヴェンゲル最後の50試合だ。ヴェンゲルは最後の50試合で27勝7分16敗の成績を残しており、獲得勝ち点は88となる。僅か1ポイントながらエメリを上回る結果となり、エメリの仕事を順調と評価すべきなのかは疑問が残る。

また、他の部分でも差がある。エメリのチームは89得点68失点なのに対し、ヴェンゲル最後の50試合では96得点64失点にまとめられている。得点、失点ともにヴェンゲル政権の方が優れている。

また総シュート数はヴェンゲル体制764本、エメリ体制617本、チャンスメイク数もヴェンゲル体制582回、エメリ体制479回と差がある。被シュート本数もヴェンゲル体制576本、エメリ体制696本だ。

ヴェンゲル体制最後の50試合よりチャンスメイク数もシュート数も少なく、相手にシュートを打たれた本数は多い。全ての面でヴェンゲル体制が上回っており、サポーターが不満を爆発せるのも無理はない。

エメリの立場も怪しいものとなってきているが、この50試合の成績を見たサポーターは何を感じるのだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ