ベッカム、C・ロナウド超える衝撃 マンU“史上最高FKトップ10”の1位は[映像アリ]

マンUのラッシュフォード photo/Getty Images

カラバオ杯で生まれたスーパーゴール

マンチェスター・ユナイテッドFWマーカス・ラッシュフォードは以前からクリスティアーノ・ロナウドと比較されることがあったが、さらにその比較が加速するであろう一撃が先日のチェルシー戦で生まれた。

カラバオ杯・ベスト16でチェルシーと対戦したマンUは、73分にラッシュフォードの強烈な直接フリーキックで勝ち越し点を記録。ゴールまでかなり距離があったが、ラッシュフォードの蹴ったボールは強烈に変化しながらゴール左上隅に突き刺さったのだ。

このゴールはどこかロナウドがマンU時代のポーツマス戦で決めたフリーキックに似ている。あのフリーキックもロナウドらしい強烈に変化しながらゴール右上隅に突き刺さるものだった。ロナウドが決めてきたフリーキックの中でも1、2を争う完成度のゴールと言っていいだろう。

では、どちらのゴールが優れているのか。マンU公式では、今回のラッシュフォードのゴールを受けてクラブ史上最高のフリーキックTOP10なるランキングを作成している。ここではそのTOP5を紹介する。

5位:クリスティアーノ・ロナウド(VSサンダーランド)



どちらかというと、こちらのゴールがラッシュフォードのキックに近いかもしれない。ポーツマス戦のゴールの方が有名だが、サンダーランド相手に決めたこの一撃もインパクトは抜群だ。



4位:ファン・セバスティアン・ヴェロン(VSボルトン)



ヴェロンはマンUで満足な活躍ができなかったが、この30ヤードキックは高く評価されている。ヴェロンがイングランドで才能を垣間見せた瞬間の1つだ。



3位:デイビッド・ベッカム(VSエヴァートン)



ベッカムも絶対に忘れてはならないマンU伝説のキッカーだ。ロナウドやラッシュフォードとはボールの軌道は大きく異なり、美しい弧を描くのが特徴的だ。エヴァートン相手に決めた一撃も、相手GKの逆を突いた見事なカープショットとなっている。



2位:クリスティアーノ・ロナウド(VSポーツマス)



クラブはこちらのゴールを2位に選んでいる。インパクトも完璧で、GKは反応することすらできなかった。近年のロナウドには見られないボールの軌道でもあり、キャリア最高のフリーキックの1つで間違いない。



1位:マーカス・ラッシュフォード(VSチェルシー)



そして1位がラッシュフォードだ。距離的にもロナウドよりやや遠く、強豪チェルシー相手に決めているのも印象的だ。マンUの歴史に残るフリーキックだったのは間違いない。ラッシュフォードはここからマンU時代のロナウドのようにフリーキックマスターとなれるか。



●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

波乱巻き起こる英プレミアリーグを大特集! ビッグクラブを襲う試練、襲いかかる伏兵たち、そして最強リヴァプールに弱点は!? 

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ