清水の“グラウンダーFK”に世界も驚いた 得点王狙える男の意外性抜群キック[映像アリ]

清水エスパルスのドウグラス photo/Getty Images

サイズに似合わぬ意外なアイディア

今季のJ1では、外国人ストライカーの活躍が目立つ。14得点を挙げて得点ランク首位に立つ横浜F・マリノスのマルコス・ジュニオール、それを1点差で追うFC東京FWディエゴ・オリベイラ、そしてそのオリベイラと並ぶ13得点を挙げているのが清水エスパルスFWドウグラスだ。

出場時間ではマルコス・ジュニオール、オリベイラが2000分以上プレイしているのに対し、ドウグラスのプレイタイムは2000分に達していない。その中で13得点と奮闘しているのは評価されるべきだろう。184cmのサイズを誇るドウグラスは前線のターゲットとなる選手だが、ドウグラスの魅力は力強さだけではない。意外性と器用さも大きな武器なのだ。

エスパルスは19日にサンフレッチェ広島と対戦したが、ここでもドウグラスは意外性ある一撃を叩きこんでいる。前半31分にペナルティエリア手前でフリーキックを得ると、パワーショットと見せかけて壁の下を通すインサイドシュートを披露。工夫を施したセットプレイから得点を奪うことになり、広島のGK大迫敬介も対応が遅れてしまった。

このフリーキックをスペイン『as』まで取り上げている。このフリーキックのシーンではエスパルスの選手が2人壁の前で膝立ちとなり、GKの視界を隠していた。ボールがグラウンダーだったこともあり、大迫もボールの出どころが見えにくかったはずだ。チームとしてデザインされたセットプレイだったと言える。結局試合は後半に2点を奪われて敗れてしまったが、ドウグラスのアイディアある一撃は世界でも注目を集めたようだ。

得点ランクでは12得点を挙げているヴィッセル神戸FWダビド・ビジャと浦和レッズFW興梠慎三、横浜F・マリノスFW仲川輝人が4位につけており、得点王レースも混戦模様となっている。ドウグラスにもチャンスはあるが、残り5試合で抜け出すのは誰だ。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ