アーセナル中盤の“最重要人物”となった男 ジャカ、トレイラ超える覚醒の20歳

アーセナルのグエンドウジ photo/Getty Images

今のチームに絶対欠かせない選手か

今アーセナルの中盤を支配し、絶対的な存在となっているのは誰だろうか。指揮官ウナイ・エメリがリーダーの1人と考えるグラニト・ジャカは相変わらずサポーターから批判を浴びる機会が多く、ルーカス・トレイラもポジションを確保しきれていない。

メスト・エジルも絶対的な存在ではなく、今夏に加わったダニ・セバージョスもまだ中盤を支配していると言い切るには早すぎる。冷静に考えると、今アーセナルの中盤で絶対的な存在となっているのは20歳のマッテオ・グエンドウジではないか。

英『Squawka』は「グエンドウジがアーセナルの最重要MFになりつつある」と取り上げており、グエンドウジのパフォーマンスには説得力がある。まだ粗削りな部分もあるが、同メディアのデータによれば今季グエンドウジはチーム最多となる323本のパスを成功させている。しかもそのうち163本は敵陣で繋いだものだ。

チャンスメイクも6回記録しており、タックル成功数10回、インターセプト数11回と攻守両面で印象的だ。3-2で勝利した先日のアストン・ヴィラ戦でもタッチ数はチーム最多の97回、パス成功率88%、ボールリカバリー数チームトップの11回など安定したパフォーマンスを見せていた。

覚醒の可能性を感じさせたのは今季のトッテナムとのダービーマッチで、グエンドウジはアシストを含め圧巻のパフォーマンスを披露していた。エメリの中で絶対に外せない選手の1人になっているのは間違いない。昨夏ロリアンから加わった時には無名に近い存在だったが、今となっては中盤の最重要選手と呼ばれるまでになった。グエンドウジの獲得はコストを考えても近年のアーセナルBESTヒットか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ