今季もアヤックスはCLで台風の目となれるのか 主力放出も漂う自信

CLグループリーグ初戦でリールに快勝したアヤックス photo/Getty Images

主将「もう慣れている」

ついに決戦の火蓋が切って落とされた今季のチャンピオンズリーグ。待ちに待ったグループリーグ初戦は昨季王者のリヴァプールがナポリに敗れるなど、一部で早速波乱が起きている。「これぞCL」という幕開けだ。そんな中、ダークホースの出現を期待しているファンも多いだろう。果たして、今季同大会をかき回すのはどのクラブか。

やはりその最有力候補としては、昨季波乱を巻き起こしたアヤックスが挙がるか。彼らは今夏、大黒柱だったDFマタイス・デ・リフトとMFフレンキー・デ・ヨングを失ったが他の主力の多くは残留した。現地時間17日に行われたグループリーグ第1節リール戦にも3-0で完勝しており、変わらぬ強さを見せつけている。

そんなチームに選手も自信を持っているようだ。オランダ『De Telegraaf』によると、デ・リフトの跡を継ぎ今季から主将に就任したFWドゥシャン・タディッチが試合後、CLに対する意気込みを語っている。

「デ・ヨングとデ・リフトが去ったのは悲しいことではなかったよ。恋しくは思っているけれど、それは彼らにとって次のステップだ。アヤックスの選手たちは、その人にステップアップするべき時がやってきた際にはそれをサポートしたいと思っている。彼ら2人を欠いていることで難しくはなっているが、優勝は不可能じゃない。僕らにはまだ良いチームが残っているし、トロフィーを勝ち取ることができる。新加入の若い選手もいるしね。アヤックスは常にトッププレイヤーを売却してきた。もう慣れているよ」

タディッチは主力の売却は何も今に始まった話ではないと主張している。どうやら、チーム内に混乱は微塵もないようだ。

アヤックスは核こそ失ったが、チームの大きな枠組みは今季も不変。果たして、彼らは欧州の舞台で昨季以上の成績を残すことができるのか。2019-20シーズンもオランダの名門はCLで台風の目となるかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ