プレミア2強に食らいつく! トッテナムのエースがチームメイトにかけた言葉

エースとしてトッテナムを牽引するケイン photo/Getty Images

好調な滑り出しとは言えないが

現在イングランド・プレミアリーグで圧倒的な力を誇っているのはマンチェスター・シティとリヴァプールだ。昨季はこの2チームが他の追随を許さず、1,2フィニッシュを果たした。プレミアにおける強豪クラブを“ビッグ6”と称することもあるが、現在他の4チームとは一線を画した位置に両チームは存在していると言っても過言ではないだろう。

しかし、そんな2強に食らいつこうと意気込む選手がひとり。トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインだ。英『Football London』によると、同選手はシーズン開幕前にチームメイトへ向けて目標の共有を行ったという。その内容について、トッテナムのエースは次のように語っている。

「僕は(チームメイトへ)リヴァプールとマンCに遅れずついていく必要があると言ったんだ。特にホームでは必ず勝とうとね。いきなり2戦目で負けたのは残念だったけど先は長い。まだたくさんのビッグマッチがあるんだ。シーズン前にはポイントを落とさず2,3カ月良い調子を維持するようなまとまった勢いがチームには必要と言ったよ。残念なスタートにはなったけど、さっきも言ったように道のりは長いんだ」

昨季は最終的にチェルシーにも追い抜かれ4位フィニッシュとなったトッテナム。しかし、今季は補強も積極的に推し進めそれなりの陣容が整っている。第3節でいきなりニューカッスルに金星を献上してしまったが、エースは長いシーズンの中で挽回できると考えているようだ。

はたして、今季のトッテナムはどこまでその力を発揮することができるのだろうか。昨季はチャンピオンズリーグで決勝まで駒を進めただけに、その実力に疑いの余地はない。昨季リヴァプールがわずか1ポイント差で優勝を逃したことから考えても、リーグタイトル獲得に向けて無駄に勝ち点は落としたくないところ。ここから全勝する気概で一戦一戦に臨みたいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ