アーセナルの新戦力は本当に補強? 守備スタッツは“ムスタフィ以下”

アーセナル移籍が決定したD・ルイスだが…… photo/Getty Images

ブラジル人DFで守備の強化は図れるのか

現地時間8日にチェルシーからアーセナルへの電撃移籍が発表されたDFダビド・ルイス。長くチェルシーを牽引した彼が同じロンドンに本拠地を構えるライバルクラブへ活躍の場を移したことは、多くのサッカーファンに衝撃を与えたことだろう。

しかし、アーセナルにとってこれは必要な移籍だったのだろうか。移籍市場閉幕間際に昨季までキャプテンを務めたDFローラン・コシェルニーを失ったがゆえの代役確保だが、守備を強化したいのなら攻撃力を売りとするD・ルイスは不要という考え方もできる。移籍決定前、同クラブOBのマーティン・キーオン氏が「この取引は中止すべき。リスクが高すぎる」と発言するなど、このブラジル人DFの獲得に首をひねる人も多い。

そんな中、英『The Sun』は昨季たびたび凡ミスを犯し、ことあるごとにアーセナルファンの怒りを買ったシュコドラン・ムスタフィとD・ルイスの守備スタッツを比較。新加入DFが守備の強化を図れる存在かどうかを検証している。

まず同メディアが比べたのは両者が昨季記録した90分あたりの平均タックル数。ムスタフィが2.1回なのに対して、D・ルイスは1.1回だ。ほぼ1回分もの差が生じている。積極守備が持ち味の選手としては寂しい数字か。続いては90分あたりの平均インターセプト数。こちらも前者が2回、後者が1回と差が出てしまっている。その他も空中戦勝率(ムスタフィ:66.5%、D・ルイス:53.2%)やデュエル勝率(ムスタフィ:62.7%、D・ルイス:57.0%)でもムスタフィに軍配が上がる結果となっている。

もちろん、スタッツだけでサッカー選手を語るのはナンセンス。ムスタフィはデータに表れない凡ミスも多数犯している。それでも、今回同メディアが示したデータはなかなかに興味深いものではないだろうか。

はたして、アーセナルのD・ルイス獲得は吉と出るか凶と出るか。活躍の場を移したブラジル人DFの2019-20シーズンに注目だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)、最新号を無料で公開中!

日本初の電子サッカーマガジンtheWORLD(ザ・ワールド)。最新号は、本誌初のJリーグ特集! 名古屋グランパスの風間監督、大分トリニータの片野坂監督の独占ロングインタビューも奪取しました!!

こちらから無料でお読みいただけます
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=358/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ