コシェルニー、アーセナル退団にむけ強硬策? 米国遠征への参加拒否

悪い意味でメディアを賑わせてしまったコシェルニー photo/Getty Images

クラブ側も声明を発表

2010年よりアーセナルに在籍しているDFローラン・コシェルニー。現行契約が2020年6月30日までとなっている同選手だが、この夏に同クラブを去ることになるかもしれない。

英『talkSPORT』によると、コシェルニーが2019-2020シーズン開幕前に予定されているアーセナルのアメリカ遠征への参加を拒否したとのこと。今夏限りでの同クラブとの契約解除、ならびに故郷であるフランスのクラブへの移籍を希望している同選手が遠征ボイコットに踏み切ったと同メディアが伝えている。

アーセナルは現地時間11日、クラブ公式ホームページを通じ声明を発表。「我々はローランの行動に失望しているし、これは明らかに規律違反だ。この問題の早期解決を望むとともに、現時点でこれ以上コメントできることはない」と、同選手の振る舞いに苦言を呈している。長きにわたりアーセナルの最終ラインを牽引してきた同選手だが、後味の悪さだけを残し、退団の運びとなってしまうのだろうか。




参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ