[速報コパ・アメリカ16]コロンビア、ターンオーバーも無傷の3連勝で決勝Tへ弾み

値千金の決勝ゴールを決めたクジャエール photo/Getty Images

スタメンを10名変更

23日にコパ・アメリカ2019のグループB最終節が行われ、首位のコロンビア代表と2位のパラグアイ代表が対戦した。

2連勝ですでに首位通過を確定させているコロンビアは、累積警告やこれまでの疲労を考慮してか、カタール戦からMFフアン・クアドラード以外のスターティングメンバー10名を入れ替えた。一方、勝利すれば自力で2位通過を決めることができるパラグアイは、アルゼンチン戦から変更したのは1名のみ。FWフェデリコ・サンタンデールに代えて、オスカル・カルドソが先発起用されている。

パラグアイボールでキックオフされた試合は、そのパラグアイが開始直後にチャンスを作る。相手のクリアが短くなり、敵陣でボールを拾うと、デルリス・ゴンザレスがドリブルで持ち込み、ペナルティエリア内からシュートを放つ。しかし、これはコロンビアのGKアルバロ・モンテーロに阻まれ、ゴールとはならなかった。

その後は、パラグアイがボールを支配し、コロンビアがカウンターを狙う展開に。このまま前半はパラグアイが試合を優位に進めるかと思われたが、均衡を破ったのはコロンビアだった。徐々に相手のゴール前へ攻め込む回数を増やすコロンビアは31分、ラダメル・ファルカオが高い位置でボールを奪い、右サイドへ走り込んだサンティアゴ・アリアスへ預ける。アリアスはドリブルで切り込み、ペナルティエリア内へ侵入すると、グスタボ・クエジャールにつなぐ。ファーストタッチでうまく前を向いたクエジャールは、角度はなかったものの思い切って右足を振り抜き、GKの股下を抜くシュートでゴールネットを揺らした。

前半を1点リードして折り返したコロンビア。リードを広げようと、後半に入っても積極的にゴールを狙う。69分には、途中出場を果たしたハメス・ロドリゲスのアウトサイドにかけた絶妙なクロスからルイス・ディアスがゴールネットを揺らしたが、VARの結果、トラップしたボールが腕に当たっていることが判明してノーゴールに。さらに後半アディショナルタイムには、コロンビアにPKが与えられるシーンがあったが、これもVARによって取り消され、追加点とはならなかった。

試合はこのまま終了し、コロンビアがパラグアイを1-0で撃破。3試合連続完封勝利で、無傷のまま決勝トーナメント進出を決めている。一方のパラグアイは、他会場で同時刻に行われていた試合でアルゼンチンがカタールに勝利したため、3位に転落。運命はグループCの結果に委ねられることとなった。

[メンバー]
コロンビア代表:モンテーロ、ボルハ、ルクミ、C・サパタ、アリアス、カルドナ(→バリオス 85)、クエジャール、レルマ、ディアス、クアドラード(→ハメス 58)、ファルカオ(→D・サパタ 66)

パラグアイ代表:フェルナンデス、アルサメンディア、アロンソ、ゴメス、ピリス、M・ロハス(→ドミンゲス 46)、R・サンチェス、R・ロハス(→イトゥルべ 63)、ゴンサレス(→ロメロ 82)、アルミロン、カルドソ

[スコア]
コロンビア代表 1-0 パラグアイ代表

[得点者]
コロンビア代表:クエジャール(31)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ