“8億ポンド”超えの超強力軍団 ペップが抱える2つのワールドクラスチーム

マンCを指揮するグアルディオラ photo/Getty Images

今夏の補強で異常なチームが2つ作れる

プレミアリーグ連覇は果たしたものの、チャンピオンズリーグのタイトルはまたしても逃してしまったマンチェスター・シティ。来季こそは悲願の欧州制覇を果たすべく、今夏も積極的な補強を見せるはずだ。

何より恐ろしいのは、仮に今夏の補強がスムーズに進んだ場合はワールドクラスと呼べるチームを2つは作れてしまうのだ。それほど豪華な陣容が完成することになる。

英『The Sun』が取り上げているが、まずスタメン組はGKエデルソン・モラレス、最終ラインは右からカイル・ウォーカー、ジョン・ストーンズ、アイメリック・ラポルテ、バンジャマン・メンディ、アンカーにフェルナンジーニョ、インサイドハーフにはダビド・シルバとケビン・デ・ブライネ、前線は左にレロイ・サネ、右にラヒーム・スターリング、最前線にセルヒオ・アグエロだ。

マンCはこの11選手を揃えるのに、実に4億6950万ポンドを費やしている。これだけでも驚異的なイレブンだ。

もう1つのチームはGKクラウディオ・ブラーボ、最終ラインは左サイドバックにオレクサンドル・ジンチェンコ、センターバックにニコラス・オタメンディと、同メディアはレスター・シティのハリー・マグワイアを予想で入れている。右サイドバックにはユヴェントスからの獲得が近いとされるジョアン・カンセロだ。

マグワイアが来るかは分からないが、ヴァンサン・コンパニが抜けたことを考えると新たなセンターバック獲得へ動く可能性は十分に考えられる。獲得が近いとされるカンセロも縦への推進力があり、攻撃面で大きなプラスになるはずだ。

中盤はアンカーにアトレティコ・マドリードからの獲得が噂されるロドリ、インサイドハーフにはイルカイ・ギュンドアンと伸び盛りのフィル・フォデン、前線は右にリヤド・マフレズ、左にベルナルド・シウバ、最前線はガブリエウ・ジェズスだ。

もちろん誰がスタメンになってもおかしくはないが、この2つ目のチーム完成には3億8590万ポンドがかかると同メディアは試算している。新戦力の移籍金がどうなるかは分からないが、先ほどのチームと合わせると8億5540万ポンドのチームということだ。異次元のターンオーバーが可能となるはずで、マンCはさらなる進化を遂げることになるだろう。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ