トロフィー踏みつけで優勝剥奪 U-18韓国代表監督が謝罪

パンダカップの優勝セレモニーで、トロフィーを踏んでしまったパク・キュヒョン photo/Getty Images

「小便をする真似をした選手もいた」

現地時間29日に行われた国際ユース選手権『パンダカップ2019』(於.中国)で、U-18中国代表に3-0で勝利した同韓国代表。3戦全勝で本大会優勝を成し遂げた同代表だが、試合後のセレモニーで見せたある振る舞いが物議を醸している。

韓国メディア『スポーツソウル』は30日、同代表のパク・キュヒョンがセレモニーの最中にトロフィーを踏みつけている姿を紹介。「彼らは大会を冒涜するようなセレモニーを行い、各方面より非難を浴びている。トロフィーにむけ小便をする真似をした選手もいたようだ」と報じた。なお、韓国サッカー協会は中国サッカー協会や成都サッカー協会に対し、公文書にて優勝セレモニーでの振る舞いを謝罪。U-18韓国代表を率いるキム・ジョンス監督も「このようなことが発生して申し訳ない。今回の件は完全に私の過ちだ」とのコメントを発表している。

さらに英『BBC SPORT』や台湾メディア『TAIPEI TIMES』などによると、この一件を重く受け止めたパンダカップの組織委員会が、韓国代表の優勝を取り消すことを決定。中国サッカー協会もアジアサッカー協会にこの一件を報告したようだ。優勝の喜びに浸っていた韓国代表の面々だが、度を超えた振る舞いにより自らの首を絞める恰好となってしまった。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ