リヴァプールDFはタイトルに飢える 「まだ何も勝ち取っていない」

リヴァプールが今季まだ無冠であることを強調したロバートソン photo/Getty Images

無冠のままでは終われない

今季、プレミアリーグで惜しくも2位に終わったリヴァプール。積み上げた勝ち点はリーグ歴代3位の97ポイント。普段なら優勝しても何らおかしくない成績だっただけに、選手は相当悔しがっていることだろう。

だが、まだタイトル獲得のチャンスは残されている。6月1日に決勝が行なわれるチャンピオンズリーグだ。最終決戦は同国対決となったが、相手はリーグ戦で彼らの夢を阻んだマンチェスター・シティではなくトッテナム。それだけに、「トッテナム相手なら、リヴァプールの優勝が濃厚だ」と思っている人は多いはず。

しかし、DFアンドリュー・ロバートソンは違った考えを持っているようだ。英『Liverpool Echo』によると、ロバートソンは自分たちが今季まだ無冠であることを強調し、次のように語っている。

「僕らはまだ何も勝ち取っていない。プレミアリーグでの戦いがそれを示しているよ。多くの人が『97ポイントはリーグ優勝に値する』と言うだろう。でも、マンチェスター・シティは98ポイントを積み上げて、最終的に僕らを上回ったんだ。良いシーズンを過ごしたからといって、タイトルに値するわけではないと思っている。決してね」

ロバートソンはあくまで結果が全てだと考えているようだ。いくら善戦しようとも、勝利することができなければ心には悔しさが残る。現状に決して満足しないこの25歳を、ユルゲン・クロップ監督は非常に頼もしく思っているはずだ。

2018-19シーズンは快進撃を見せただけに、無冠では終わりたくないリヴァプール。はたして、彼らは最後に笑うことができるのか。選手はタイトルに飢えている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ