アッレグリの後任候補にこの男!? アルゼンチン人指揮官の名前が浮上

ポチェッティーノ監督はトッテナムを初のCL決勝に導いた photo/Getty Images

従兄弟が就任の可能性について言及

今季限りでマッシミリアーノ・アッレグリ監督が退任することを発表したユヴェントス。現地では後任の監督候補として、かつて同クラブを率いたアントニオ・コンテ氏が有力と伝えられている。しかしもう1人、違う人物の名が浮上したようだ。

その人物は、現在トッテナムを指揮するマウリシオ・ポチェッティーノ監督。同監督の従兄弟であるダニエレ氏が伊『Tutto Juve』のインタビューに登場し、ポチェッティーノ監督のユヴェントス行きについて言及した。

「(ポチェッティーノのユヴェントス行きは)十分あり得ることだと私は考えている。マウリシオはチャンピオンズリーグ決勝に進んだことで、彼が素晴らしい監督であることを示してみせた。ユーヴェの目標はチャンピオンズリーグ制覇であり、マウリシオは彼らをそこに連れていくことができる。家族みんな、彼がユヴェントスの監督に就任することを望んでいるよ(笑)。それに、私は彼がイタリアで監督をやりたがっているように思うね。彼の指導スタイルは選手を最大限に活用して、その能力をマックスまで引き出そうとする。アントニオ・コンテに似ているね。ビアンコネリにはぴったりだと思うよ」

本人の意向はまだ不明だが、少なくとも家族はポチェッティーノ監督のユヴェントス行きを望んでいるようだ。先日、同監督の口からは「CL制覇を成し遂げたらクラブを去る」との発言も飛び出した。トッテナムで過ごす時間は、着実に終わりへと近づいている可能性が高い。

選手時代を含め、いまだイタリアのクラブに在籍経験はないポチェッティーノ監督。しかし、セリエAはかつてディエゴ・マラドーナやガブリエル・バティストゥータ、ファン・セバスティアン・ベロンといったアルゼンチン人の名手がプレイしたリーグ。数々の同胞がプレイしたリーグとあって、ポチェッティーノ監督が興味を持っている可能性は高い。はたして、来季ユヴェントスのベンチに座っているのはこの男なのだろうか。就任となれば、退団が噂される同胞FWパウロ・ディバラの気持ちも残留に傾くかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.234 大会出場選手確定! コパ・アメリカ完全ガイド
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ