武藤嘉紀はベニテス政権の”ワースト補強”!? 苦戦の1年目に厳しい評価も

ニューカッスルの武藤 photo/Getty Images

思うような結果残せず

昨夏ニューカッスルに移籍した日本代表FW武藤嘉紀は今の苦しい状況を変えられるだろうか。アジアカップに参加した影響もあるだろうが、今季は出場機会がなかなか与えられない苦しいシーズンとなってしまった。

ニューカッスルの専門サイト『The Mag』の評価も厳しい。同メディアは今年の3月でラファエル・ベニテス体制が3年目を迎えたことを受け、この3年間で獲得された選手を成功組と失敗組に分けている。

例えば成功組ではDFファビアン・シェア、フェデリコ・フェルナンデス、MFマット・リッチー、さらには今冬チームに加わったばかりのMFミゲル・アルミロンの名前まで入っている。

一方で失敗組にはFWクリスティアン・アツ、イスラム・スリマニ、MFジェイコブ・マーフィー、そして武藤の名前もここに入っている。ここまで1得点に留まっている現状を考えると、このように評価されても文句は言えないだろう。

しかも同サイトは、「ベニテス体制のニューカッスル最悪の補強は合わせて約2000万ポンドを費やしたマーフィーと武藤だ」とまで伝えており、ワースト補強候補にもなってしまっている。

武藤は大きな期待を背負ってドイツからやってきたが、プレミア1年目は苦しいものとなった。来季挽回するチャンスはあるはずだが、この評価をひっくり返せるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ