異次元のドリブルテクニック!? アザールの”ベストゴール4選”が凄すぎる[映像アリ]

チェルシーのアザール photo/Getty Images

ウェストハム戦のゴールも

先日のウェストハム戦で相手DFを次々とかわして得点を記録したチェルシーMFエデン・アザール。アザールはこれまでも数多くのビューティフルゴールを決めてきたが、あの一撃はアザールのキャリアの中でトップ5に入るゴールと言えるのではないだろうか。

そこで英『FourFourTwo』は、これまでアザールがチェルシーで決めてきたゴールの中からベストゴールを5つ選出。今回のウェストハム戦のドリブルゴールもその1つに選ばれており、今回はその他4つの驚異的なゴールを紹介する。

1.VSリヴァプール(2016)



まずはリヴァプール戦で披露した左サイドからドリブルで切れ込んでのゴールだ。ウェストハム戦のゴールもそうだったが、アザールに前を向かれてしまうと止めるのが非常に難しくなる。リヴァプールの選手たちも飛び込めなくなっており、アザールのリズムに乗せられている。



2.VSストーク・シティ(2013)



ドリブルだけがアザールの魅力ではない。こうした強烈なミドルも1つの武器で、シュートを狙える範囲はなかなか広い。DFやGKも対応が難しいだろう。



3.VSアーセナル(2017)



アザールはビッグクラブ相手でも特別なゴールを決められる選手だ。アーセナルも何度かその餌食になっているが、中でも印象的なのはこのゴールだろう。追走したコクランが吹き飛ばされ、まるでゲームの世界のようなゴールが決まっている。



4.VSリヴァプール(2018)



こちらはアザールの個人技というよりは、チーム全体での美しいパスワークから生まれたゴールだ。マウリツィオ・サッリのチームらしいボールの動かし方で、実に綺麗な崩しになっている。





アザールがチェルシーに加入したのが2012年だが、未だにプレミアのDF陣はアザールのテクニックに振り回されている。スピード、テクニック、アイディアと全てが優れており、好調時のアザールは複数人で囲んでも手がつけられない。現サッカー界でも屈指のドリブラーと言えるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ