塩谷司の“同点弾”にUAEメディア安堵 ACL16強争いに食い下がる[映像アリ]

エステグラル戦にCBとして出場 photo/Getty Images

FKのこぼれ球に反応

UAE1部リーグのアル・アインでプレイしているDF塩谷司が、チームを敗戦から救うゴールを決めてみせた。

同選手は現地時間12日に行われたAFCチャンピオンズリーグのグループステージ第2節(エステグラル戦)に先発。アル・アインが0-1とリードされて迎えた85分、同クラブのMFラヤン・ヤスラムが敵陣右サイドからフリーキックを蹴ると、このこぼれ球がペナルティエリア内の塩谷のもとへ。同選手が左足でダイレクトシュートを放ち、同点ゴールを挙げた。

試合はこのまま1-1で終了。グループステージ初戦で敗れていたアル・アインは塩谷の活躍により勝ち点1を獲得し、グループC最下位への転落を免れた。この同選手のゴールにUAEメディア『Khaleej Times』が反応。「塩谷の遅めのゴールが、エステグラルの上位浮上を阻止した」という見出しを打ち、アル・アインの第2節の結果に胸をなで下ろしている。

[4-5-1]の布陣のセンターバックとして出場した塩谷は、両軍の選手中2番目に多いインターセプトを記録するなど奮闘(3回、データサイト『Sofa Score』より)。今後も的確なカバーリングで同クラブの守備を支え、グループCで現在3位につけるアル・アインをラウンド16進出(グループ2位以内)に導けるだろうか。


【グループC順位表(第2節消化時点)】
1位:アル・ヒラル(サウジアラビア) 勝ち点:6  得失点差:+3
2位:アル・ドゥハイル(カタール)  勝ち点:3  得失点差:+1
3位:アル・アイン(UAE)       勝ち点:1  得失点差:-1
4位:エステグラル(イラン)     勝ち点:1  得失点差:-3




参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.231 大接戦のプレミア&ブンデスを制するのはどっちだ?
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ