アリソンとエデルソンはどちらが上? ブラジルで起こる豪華すぎる戦い

マンCの守護神エデルソン photo/Getty Images

もはや好みの問題か

現在のブラジル代表はリヴァプールのアリソン・ベッカー、マンチェスター・シティのエデルソン・モラレスと2人のワールドクラスGKを抱えている特別なチームだ。両者とも世界的に高い評価を得ており、どちらに守護神を任せるかは非常に判断が難しい。

ロシアワールドカップではアリソンがゴールマウスを守ったが、エデルソンの方が上と考える人もいるのではないか。ニューカッスルなどで活躍したGKシェイ・ギブンもその1人だ。英『TalkSport』によると、ギブンは個人的にエデルソンの方が好みだと語っており、世界トップクラスと言われる足下の技術を同じGKとして羨ましく思っているようだ。

「2人ともブラジルの選手で、1番のユニフォームにチャレンジしている。今はアリソンが1番だ。だが、テレビでシティのゲームをいくつか見た限りでは、私はエデルソンのプレイが好きだ。彼はボールを落ち着かせることができ、グアルディオラが求めるプレイを完璧にこなしている。彼は相手選手を引きつけてポジションから剥がそうとしている」

「ウルブズ戦でフェルナンジーニョと中盤でワンツーをしていたけど、彼はジョギングでゴールに戻っていたよね。私ならダッシュで自分のゴールに戻っていたよ。私はキャリアの中で1度か2度クライフターンをしたことがあるけど、彼はステップオーバーまでやる。まだ股抜きは見てないけど、もうすぐ見られると思うよ。彼のボール扱いはクールだ」

エデルソンはグアルディオラの指導もあってか足下の技術が非常に高く、GKの新たな領域を生み出している。足下の技術なら間違いなくアリソンを超えており、ブラジル代表の守護神を任されるにふさわしい実力を備えている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ