5年前のD・コスタがいれば…… アトレティコに足りない頼れる”9番”

アトレティコで成功できなかったジャクソン・マルティネス photo/Getty Images

得点を保証するFWがいない

現在首位バルセロナと勝ち点差3の3位につけているアトレティコ・マドリードには、十分優勝を狙うチャンスがある。しかし、そのためには攻撃陣の爆発が欠かせない。

スペイン『MARCA』が嘆いているのは、頼れるエースストライカーの不在だ。アントワーヌ・グリーズマンも得点を奪える選手だが、同メディアはグリーズマンを9番タイプの選手とはカウントしていない。純粋なセンターフォワードがアトレティコに不足していることを嘆いているのだ。

アトレティコが優勝した2013-14シーズンには、ジエゴ・コスタが絶好調だった。当時も堅守が優勝のベースになったのは間違いないが、当時コスタはリーグ戦で27得点も奪っている。この得点数こそが格下から勝ち点3を奪い続けることができた秘訣だ。

同メディアはこの時のコスタ以降、アトレティコには頼れる9番がいないと指摘している。2014年にはマリオ・マンジュキッチがやってきたが、1年でユヴェントスへ去った。レンタル移籍を続けているルシアーノ・ビエット、結果を出せず中国へと渡ったジャクソン・マルティネス、2016年に加入したケビン・ガメイロ、そして今夏のニコラ・カリニッチと、期待外れに終わったFWが多い。

今はジエゴ・コスタがアトレティコに復帰しているが、そのコスタも2013-14シーズンほどの切れ味はない。頼れるセンターフォワードさえいれば今季の混乱したリーガ・エスパニョーラを制覇できる可能性は飛躍的に高まるのだが、今のチームにはそれが不足してしまっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ