[CL]グループBとFも接戦に トッテナム&インテルらの“突破条件”は?

インテルとの直接対決(第5節)を制したトッテナム。ラウンド16進出となるか photo/Getty Images

既に12クラブの“次ラウンド進出”が決定

今季のUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第5節が先月27日と28日に行われ、計12クラブの決勝ラウンド進出が決定した。今月11日と12日に最終節が行われるが、2位通過のクラブが確定していないグループBとFの現状、及びラウンド16進出の可能性を残している各クラブの“突破条件”を整理したい。

なお、同じ勝ち点で複数のクラブが並んだ場合、チャンピオンズリーグでは直接対決時の戦績が優先される(当該チーム同士の直接対決で得た勝ち点→得失点差→総得点→アウェイゴール数の順)。それでも優劣がつかない場合のみ、グループステージ6試合の戦績が順位決定の材料となる(得失点差→総得点→アウェイゴール数→勝利数、アウェイでの勝利数→反則ポイント→クラブ係数)。

最終節でバルセロナと対戦 photo/Getty Images

グループBの現2位:トッテナム(勝ち点:7 得失点差:-1)




GS最終節の相手:バルセロナ(グループB首位)








【ラウンド16進出条件】


(自力突破の条件)
バルセロナに勝利する。

(他力突破のケース)
バルセロナ相手に“引き分け以下”で終わった場合。

※バルセロナと引き分け→インテルがPSVに勝てなければ、トッテナムのラウンド16進出が確定(インテルとトッテナムが共に引き分けた場合、両者が勝ち点8で並ぶが、直接対決時のアウェイゴール数でトッテナムが上回る)。

※バルセロナに敗れる→インテルがPSVに敗れた場合のみ、トッテナムのラウンド16進出が確定。

【トッテナムが敗退するケース】


①バルセロナと引き分け、インテルがPSVに勝利した場合。

②バルセロナに敗れ、インテルがPSV相手に“引き分け以上”に終わった場合。

既に自力突破の可能性が消滅しているインテル photo/Getty Images

グループBの現3位:インテル(勝ち点:7 得失点差:-1)




GS最終節の相手:PSV(グループBの4位)








【ラウンド16進出条件】


(自力突破の条件)
なし(トッテナム対バルセロナの結果待ち)

(他力突破となるケース)
①PSVに勝利し、トッテナムがバルセロナ相手に“引き分け以下”に終わった場合。

②PSVと引き分け、トッテナムがバルセロナに敗れた場合。

【インテルが敗退するケース】


①PSVに敗れた場合(トッテナムの結果は関係なし)

②PSVと引き分け、トッテナムがバルセロナに“負けなかった”場合(インテルとトッテナムが共に引き分けた場合、両者が勝ち点8で並ぶが、直接対決時のアウェイゴール数でトッテナムが上回る)。

③最終節でインテルとトッテナムが“共に勝利”した場合(勝ち点10で両者が並ぶが、直接対決時のアウェイゴール数でトッテナムが上回る)。

GSでマンCを苦しめたリヨン。最終節でシャフタールを退け、ラウンド16へ駒を進められるか photo/Getty Images

グループFの現2位:オリンピック・リヨン(勝ち点:7 得失点差:+1)




GS最終節の相手:シャフタール・ドネツク(グループFの3位)









【ラウンド16進出条件】


シャフタールとの直接対決で“引き分け以上”。

【リヨンが敗退するケース】


シャフタールとの直接対決で敗れる。

ラウンド16進出のためには、最終節での勝利が絶対条件 photo/Getty Images

グループFの現3位:シャフタール・ドネツク(勝ち点:5 得失点差:-8)




GS最終節の相手:オリンピック・リヨン(グループFの2位)








【ラウンド16進出条件】


リヨンとの直接対決で勝利する。

【シャフタールが敗退するケース】


リヨンとの直接対決で“引き分け以下”に終わった場合。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.231 大接戦のプレミア&ブンデスを制するのはどっちだ?
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ