セリエA”若手三銃士”に熱視線! ジェノバ・ダービーにスカウトが集結

白熱のジェノバ・ダービー photo/Getty Images

お目当ての3人は

今節のセリエAでは、欧州のビッグクラブが大注目する一戦があった。ジェノアとサンプドリアのジェノバ・ダービーだ。ダービーマッチというのも注目ポイントだが、それ以上に今の彼らには欧州中から関心を集める若きタレントたちがいる。

伊『Gazzetta dello Sport』によると、このゲームにトッテナム、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、レアル・マドリード、バルセロナらがスカウトを送り込んでいたという。

お目当てはジェノアFWクリシュトフ・ピアテク、その相棒を務めるクリスティアン・クアメ、サンプドリアDFヨアキム・アンデルセンの3人だ。

ピアテクは今季セリエAで得点を量産している23歳のストライカーで、同じポーランド代表のロベルト・レヴァンドフスキ2世と言われる今季の大ブレイク選手だ。この試合でもPKではあるものの得点を記録し、これで今季のセリエA得点数を10に伸ばした。ピアテクにはバルセロナ、ユヴェントス、ナポリなどが関心を示しており、近いうちにステップアップを果たすのは間違いない。

その相棒クアメも評価が高く、20歳のコートジボワール人FWはディディエ・ドログバ2世といったところか。クアメにはナポリ、ミランなどが関心を示しており、身体能力の高さや185㎝のサイズは魅力的だ。

ピアテクがセリエAの若手注目度No.1ストライカーとするなら、サンプドリアのDFヨアキム・アンデルセンは若手注目度No.1のセンターバックと言っていいだろう。22歳と若いデンマーク期待の大型センターバックで、トッテナム、マンUなどが関心を示していると言われている。192㎝のサイズは魅力の1つだろう。

試合は1-1のドローに終わったが、この3人はここからどうステップアップを果たしていくのか。今季のセリエAで最も関心を集める若手三銃士なのは間違いない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ