イニエスタ、2戦連発で絶好調! 巧みな駆け引きから右足一閃のスーパーゴール[映像アリ]

貴重な同点弾を決めたイニエスタ(左)と起点となったポドルスキ(右)。今後もW杯優勝コンビに期待がかかる photo/Getty Images

同点弾の起点は再びポドルスキ

今夏の移籍市場でヴィッセル神戸へ加入した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの勢いが止まらない。日本のサッカーファンの前で、この日も世界トップクラスのプレイを披露している。

15日に行われた明治安田生命J1リーグ第22節で、首位を独走するサンフレッチェ広島をホームに迎え入れた神戸。この一戦で2試合連続のスターティングメンバーに名を連ねたイニエスタは、前節のジュビロ磐田戦に続いて、この試合でも結果を残して見せた。

先制点(15分)を許した直後の17分、イニエスタは元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキからのパスをペナルティエリア左手前で受けると、相手DFを巧みな駆け引きでかわして中央へ切り込む。そして、カバーに入ってきたDFを腕で押さえながら、ペナルティアーク付近から右足一閃。狙いすましたシュートはゴール左上へ突き刺さった。その後、両チームともに勝ち越しゴールを奪うことはできず、1-1のドローで終了のホイッスルを迎えている。

ポドルスキからのパスで、2試合連続のゴールを挙げたイニエスタ。バルセロナでは決して得点が多い選手ではなかっただけに、試合後のインタビューでは「スペイン時代よりも得点への意識を強く持っているのか」という質問が飛んだ。これに対して「特に変わったかなとは思っていない。自分はできるだけ良いプレイをしてチームに貢献することが目的なので、ゴールという形なのかは状況による。できるだけ良い形でチームに貢献することが一番大事」と答えたが、「今日は得点を決められたことは喜んでいるが、勝点3を取れなかったことは残念に思っている。切り替えてこれからも戦っていきたい」と悔しさもにじませている。Jリーグの公式サイトが伝えた。

また、現在のコンディションについては「良いかな。これからも試合にどんどん出場していくことで、コンディションはどんどん良くなっていく。チームとしてこれからも勝っていけるように貢献していきたい」と語ったイニエスタ。19日に行われる次節湘南ベルマーレ戦では、チームを勝利へ導くことができるのか。3戦連発の期待もかかる。



参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ