波乱連発のロシアW杯 “あの名門クラブ”所属選手の得点がゼロだった!

まさかの無得点に終わったレヴァンドフスキ photo/Getty Images

レヴァンドフスキ&ミュラーらの不振が話題に

フランス代表の20年ぶりの優勝をもって幕を閉じたロシアW杯。前回大会を制したドイツ代表がグループリーグ敗退の憂き目に遭ったほか、スコアレスドローが僅か1試合に留まるなど、話題性に富む大会となった。

全64試合で169得点と、直近の5大会で2番目に多いゴールが生まれた今大会だが、バイエルン・ミュンヘン所属選手による得点はゼロ。ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド代表)やトーマス・ミュラー(ドイツ代表)がまさかの不振に陥ったほか、ハメス・ロドリゲス(コロンビア代表)が負傷によりラウンド16の欠場を余儀なくされるなど、同クラブの選手にとって不本意な結果となった。

代表チームはクラブチームと比べ、全体練習を行える期間や時間が格段に限られている。強豪クラブで結果を残しているスーパースターであっても、限られた時間の中で自身のコンディションを整え、普段は共にプレイしていない選手との連係を深めることは、決して容易ではないということだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.229 激闘必至のCLラウンド16を完全予想
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ