悲劇を繰り返さないためにも…… 退場したコロンビア代表MFへの殺害予告で警察が動く

サンチェスは主審に猛抗議するも、レッドカードの判定は覆らなかった photo/Getty Images

コロンビアの地元警察が迅速な対応

あの悲劇だけは絶対に繰り返してはならない……。24年前の教訓を得て、コロンビアの地元警察が迅速な対応を見せた。

19日に行われた日本戦で、コロンビアのスタメンに名を連ねたカルロス・サンチェス。立ち上がりに香川真司の放ったシュートが手にあたり、ハンドの判定が下された。そして、日本へPKが与えられると同時に、決定機の阻止と判断されて一発退場。コロンビアは10人での戦いを強いられ、結果的に日本に敗れることとなった。

試合後、チームの敗因となってしまったサンチェスには励ましのメッセージが送られる一方で、心無いファンによる誹謗中傷も。中には殺害予告などもあり、大きな話題となっていた。

殺害予告のほとんどは冷やかしによるものだろうが、コロンビアには1994年のアメリカW杯で、オウンゴールをして戦犯扱いされたDFアンドレス・エスコバルが、帰国後に射殺された痛ましい過去がある。こういった状況もあってか、『EUROSPORT』などによると、すでにコロンビアの地元警察がサイバー犯罪の特別対策チームを立ち上げ、捜査に当たっているという。悲劇が再び起こらないことを、ただただ願うばかりだ。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ