C・ロナウドのPKは誤審?D・コスタのひじ打ちシーンも VARあるのに元審判員は疑問

判定に抗議するスペインの選手たち photo/Getty Images

判定が大きな話題集めた

3-3の大熱戦となったロシアワールドカップ・グループB初戦のスペイン代表VSポルトガル代表。このゲームでは気になる判定がいくつかあった。

まずは試合開始早々にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがPKを獲得した場面だ。ロナウドはドリブルでペナルティエリア内に侵入し、そこでスペイン代表DFナチョ・フェルナンデスと接触して転倒。主審のジャンルカ・ロッキは迷わずPKと笛を吹いた。

しかしスペイン『as』によると、元審判のイトゥラルデ・ゴンサレス氏は「PKではない。クリスティアーノはDFとの接触を探していた」とコメントしており、PKのジャッジに疑問を抱いている。今大会では映像で確認するVARが採用されているのだが、この試合では効力を発揮しなかった。

さらに前半24分にスペイン代表FWジエゴ・コスタが同点ゴールを決めた場面では、ロングボールを競り合った際にジエゴ・コスタの肘がポルトガル代表DFペペの首あたりにヒットしていた。ペペは顔面を抑え込んで倒れたが、これはややオーバーリアクションだ。しかし接触があったのは事実で、コスタの左ひじが高い位置まで振り上げられていた。

主審はファウルとは判定せずコスタのゴールを認めたが、イトゥラルデ・ゴンサレス氏は「明らかなファウルがあった」と見解を示している。VAR部隊はこのシーンを見ていたはずだが、ファウルと言うほどのものではないと考えたのではないかというのがゴンサレス氏の意見だ。

VARが採用されたからといって、判定が全て正しいものになるわけではない。このゲームでは微妙な判定がいくつかあり、早くも判定が話題を呼んでいる。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.223 試合巧者フランスが5大会ぶり2度目の世界王者に
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ