イングランド代表は2022年大会に頑張って 元ドイツ代表「今大会はアウトサイダー」

イングランド代表の今大会優勝は難しいか photo/Getty Images

4年後は優勝候補と分析

今大会こそFWハリー・ケインが爆発して上位を狙えるのではないか。イングランド代表にはそんな期待も高まっているが、元ドイツ代表のローター・マテウス氏は4年後の2022年に頑張ってくれと開幕直後から厳しめの評価を下している。

ブンデスリーガ公式によると、マテウス氏はイングランド代表の実力を認めている。しかし今大会の優勝はまだ難しく、4年後なら狙えるとの考えだ。

「イングランドは優れた世代を抱えていると思うが、今大会ではない。常に良い選手はいるが、イングランドにはW杯での経験、結果が不足している。監督も同じだ。サウスゲートは初めてのW杯だ。イングランドは2022年大会でチャンスがあると思うよ。今はアウトサイダーとして見ている」

イングランドの選手たちとしては屈辱的な評価だろう。現にここ最近は世代別代表が結果を出しており、イングランドの10代プレイヤーたちには大きな注目が集まっている。彼らにばかり注目するなと、A代表の選手たちには今大会で意地を見せてほしいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ