ベイルのオーバーヘッドにジダンの芸術ボレー ”CL決勝史上最高”のゴールに選ばれたのは……

オーバーヘッドシュートを放つベイル photo/Getty Images

今季決勝で生まれたアメイジングなゴール

今季のチャンピオンズリーグでは準々決勝のユヴェントス戦でレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドの決めたオーバーヘッドシュートが話題を呼んだが、決勝のリヴァプール戦でそれをも上回る特大のインパクトを持つ一撃が生まれた。決めたのは試合途中から出場したレアル・マドリードFWガレス・ベイルだ。

ベイルは63分、マルセロのクロスに思い切ってオーバーヘッドで合わせて得点を記録。飛んだコースも完璧で、GKにはどうすることもできない完璧なシュートだった。このオーバーヘッドシュートの衝撃は大きな注目を集めており、英『sky SPORTS』は「チャンピオンズリーグ決勝での史上最高のゴールはどれか?」とさっそくアンケートを実施。

すると、今回ベイルが決めたゴールは67%もの票を集めて1位となっている。2位はレヴァークーゼン戦で当時レアルの選手だったMFジネディーヌ・ジダンが決めた左足ボレーシュートで22%、それに続くのは昨季の決勝でユヴェントスFWマリオ・マンジュキッチが決めたオーバーヘッド、バルセロナFWリオネル・メッシが2011年のファイナルで決めた強烈なミドルが4%を獲得している。

ベイルのゴールは新鮮味もあって票が伸びやすくなっているのだろうが、今のところベイルはCL決勝史上最も美しいゴールを決めた選手となっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ