「宇佐美はデュッセルドルフに恋した」 昇格の立役者となった日本人2人の去就に地元紙注目

デュッセルドルフの宇佐美 photo/Getty Images

クラブは残留を願う

原口元気と宇佐美貴史。2人の日本人アタッカーはデュッセルドルフ1部昇格の立役者と絶賛されている。来季から1部での厳しい戦いがスタートするが、クラブは2人の残留を心より願っている。

ただ、2人はレンタルでデュッセルドルフに加入している。原口はヘルタ・ベルリン、宇佐美はアウグスブルクからのレンタルで、来季もデュッセルドルフに残るかは何とも言えない状況だ。地元紙『Express』も2人の去就を気にしており、特集を組んでいる。

宇佐美はデュッセルドルフが大好きと公言しており、同メディアも来季デュッセルドルフでプレイする可能性が高いのではないかと分析。「宇佐美はデュッセルドルフに恋した」とも伝えており、相思相愛の関係だ。

一方で原口に関しては今夏のロシアワールドカップでの活躍次第で移籍金が上がる可能性があり、デュッセルドルフが完全移籍で獲得できるか分からないと同メディアは見ている。いずれにしても、今季の活躍を考えれば2人ともチームの中心メンバーとして来季もプレイできるだろう。出場機会の確保はそれほど難しくないはずだが、ワールドカップ後に動きはあるか。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ