名手ランパードが明かす最も厄介だったプレミアのMF5名! 今回絶賛されたのは……

チェルシーのレジェンド・ランパード photo/Getty Images

プレミアを代表する名手がズラリ

チェルシーのレジェンドであるフランク・ランパードは、その長いキャリアで何人もの名MFたちと激しいバトルを繰り広げてきた。今回ランパードはプレミアリーグで対戦した中で厄介だったMF5名を紹介している。英『BBC』によると、ランパードが称賛したのは今季限りでマンチェスター・シティを退団することが発表されたMFヤヤ・トゥレだ。ヤヤ・トゥレ退団の発表を受け、ランパードは次のように語っている。

「ヤヤ・トゥレは私が対戦空いた中で最もタフだったMFの5人に入るよ。ピーク時の彼は1人でゲームを変えることができた」

パワー、繊細なボールタッチ、正確なキックと、ヤヤ・トゥレは大型MFの完成型と言っていい選手だろう。ランパードもその厄介さを認め、自身が対戦したMFベスト5に含めている。

「長年の一貫性からジェラードが対戦した中でベストかもしれないが、ヤヤはロイ・キーン、パトリック・ヴィエラ、ポール・スコールズと一緒のところに入るよ」とランパードは付け加えており、何とも豪華な5人となっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ