プレミアTOP4争い大混戦! チェルシーがジルー弾でリヴァプール撃破

先制点を決めたジルー photo/Getty Images

チェルシーにもトップ4入りのチャンス残る

トップ4入りへ負けられないチェルシーは、6日にホームでリヴァプールと対戦した。リヴァプールは右サイドバックにナサニエル・クライン、さらに中盤ではジョーダン・ヘンダーソンではなくジョルジニオ・ワイナルドゥムが先発したが、それ以外はチャンピオンズリーグと同じベストメンバーで臨んだ。

試合は序盤からリヴァプールがボールを保持する展開となったが、効果的に相手ゴールへ攻め込むことができていたのはチェルシーの方だ。シュート数ではリヴァプールを上回る12本を放っており、右サイドのヴィクター・モーゼスの攻め上がりなどを軸にリヴァプールゴールを襲う。

試合が動いたのは32分。そのモーゼスがクロスを上げると、中で待っていたのはFWオリヴィエ・ジルーだ。得意の頭で合わせたボールがファーのネットを揺らし、チェルシーが先制に成功する。

後半にはリヴァプールもFWドミニク・ソランケを投入するなど攻撃の枚数を増やしたが、守備を固めるチェルシーを崩すことはできず。1‐0でチェルシーが勝利した。

これによってトップ4争いは大混戦となり、今節4位トッテナムがWBAに敗れたため5位チェルシーとトッテナムの勝ち点差は2、3位リヴァプールとは3差となった。しかもリヴァプールはブライトン戦を残すのみだが、チェルシーとトッテナムは残り2試合だ。勝ち点差をひっくり返すことは十分に可能だ。チェルシーはハダーズフィールド・タウンとニューカッスル、トッテナムはニューカッスルとレスター・シティ戦が控えている。ここへきてトップ4争いは大混戦となっている。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ