日本代表の「厳しい結果」に言葉を詰まらせる主将・長谷部「こういうときに多くのことを語るのは難しい」

日本代表不動のキャプテン、長谷部誠 photo/Getty Images

良かった点と修正点を冷静に分析しなければ

日本代表は27日、キリンチャレンジカップ2018 in EUROPEで“仮想ポーランド”のウクライナ代表と対戦。DF槙野智章の同点ゴールで前半を1-1で折り返すも、後半に勝ち越しゴールを許し、1-2で敗戦を喫した。

試合後、インタビューに応じたキャプテンのMF長谷部誠は「今日の試合に限らず、前回のマリ戦を含めて、今回のシリーズは非常に厳しい戦いとなった。この結果を真摯に受け止めなければならない」と述べた。

また、今回の戦いで得た「手応え」について聞かれると、「んー」と言葉を詰まらせながら「このようなゲームをしたあとなので難しい。結果として負けているし、良かった点をさらけ出すのは非常に難しいと思うが、冷静に良かった点と修正点を分析しないといけないと思う」と答えている。

そして「この2試合を通して、日本を応援してくださる方々にはなかなか厳しい結果になってしまった。とにかくW杯まで時間がないので、チームとして、チームが一つになって、またしっかりとやっていかなければならない。こういう結果のときに多くのことを語るのは難しいが、チームとしてはしっかりと前を向いてやっていきたい」と語った。

今回の欧州遠征で得た反省点を活かし、日本代表はロシアW杯で飛躍を遂げることができるのか。6月半ばの開幕まで、勝負の約2ヶ月半となりそうだ。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ