「彼はジェラードのようになれるけど……」 次期バロンドール候補ポグバに突きつけられた課題とは

マンUで苦戦気味のポグバ photo/Getty Images

ボールを持てば凄いが……

マンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバは次期バロンドール候補と高い評価を受けてきた選手だが、今季は彼の持つ弱点が露呈することになった。マンU指揮官ジョゼ・モウリーニョが守備時のポジショニングが悪いとの理由からポグバをベンチに下げたり、ベンチスタートにすることがあったからだ。

英『Squawka』によると、クラブのレジェンドであるガリー・パリスター氏もポグバの能力は認めている。しかしボールを持っていない時の動きは改善すべきポイントと指摘しており、どう動くべきかを学ぶ必要がありそうだ。

「彼は中盤3枚の左側でプレイするのが好きなんだと思うが、ボールを持っていない時には問題がある。彼は優れたビジョンを持っているけど、ボールを持っていない時は良くないね。彼はジェラードのような選手になれるし、そのための素質を全て備えている。だがボールを持っていない時の動きは改善する必要がある」

サッカーでは90分のうちボールを持っていない時間の方が長い。特にモウリーニョのチームはポゼッションにこだわらないスタイルで戦っているため、余計にボールに触る機会は少なくなる。そこで一流選手として輝きを放つには、しっかりとゲームを読んで効果的なポジショニングを取らなければいけない。それを身につけられれば、ポグバはさらに完成されたMFになることだろう。



記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ