PSGはレアル戦でネイマールの穴をどう埋める? システムを4-4-2にするプランも

代役として期待されるディ・マリア photo/Getty Images

2ndレグでは得点が必要

ネイマールを負傷で失ったパリ・サンジェルマンは、7日に行われるレアル・マドリードとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグでどう戦うべきなのだろうか。今季のPSGはネイマール中心のチームだっただけに、この離脱はチームバランスを大きく変えることになる。

スペイン『as』はいくつかの戦術プランを紹介しているが、最も予想しやすいのはアンヘル・ディ・マリアをネイマールの代役にすることだ。ディ・マリアはクープ・ドゥ・フランスのマルセイユ戦でもネイマールの代わりに出場し、2ゴールの活躍を見せている。現在の調子を考えればディ・マリアをそのまま先発させるやり方がオーソドックスだ。

ただし、PSGは1stレグで1-3と敗れている。2ndレグでは得点を奪いに行く必要があり、別プランとしてシステムを[4-4-2]にする手もある。この場合はFWキリアム・ムバッペとエディンソン・カバーニが2トップでプレイすることになる。ムバッペは先日のマルセイユ戦で負傷交代しているため状態が不安視されているが、守備の負担を減らすためにカバーニと前線に張らせるのも悪くない案だ。

サイドにはディ・マリアと攻撃的なカードとしてユリアン・ドラクスラーを配してもいい。トマ・ムニエやダニエウ・アウベスを1列上げるのもいいだろう。いずれにしてもPSGはネイマールを欠いた状態でも攻撃的に戦う必要があり、リスクをかけた布陣で勝負をかけるべきかもしれない。

ディ・マリアをそのままネイマールのポジションに入れるやり方が最も可能性が高いが、指揮官ウナイ・エメリはこの苦しい状況でどんな采配を打つのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ